シーボの日記

1991年09月 | ARCHIVE-SELECT | 1991年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

UFO

誰にも話したことがないことがある。
今日はその話をしよう。

高校二年生のころ、僕には彼女がいた。同じクラスにいてカップルになった。典型的な恋だ。放課後、一緒に話しているときだった。

「わたし、Webサイトもってるんだ!」

当時、インターネットをはじめたきりだった僕は、彼女が持つ別の一面を知って驚いた。家に帰ってから、メールに送られてきたURLを自分のパソコンでーまだキーボードもうまく打てないのにー打った。どんなサイトが出てくるのか一抹の不安を覚えもしたが、ただ単に日記を綴っているだけだった。5月27日の日記を見返すと、僕のことが書かれていた。

5月27日 告白された!
一年生のとき一緒のクラスだったS君に告白された!彼が私のことを好きだなんて驚いたけれど、彼は当分昔に気持ちが伝わっているものだと思ってたみたい笑 そのあと喫茶店に一緒にいって話をした。自分の気持ちはまだわからないけれど、なんとなく好きになれそうだったから付き合ってみることにした!よろしくね!>S君

つい一週間前にこんな日記が全世界に発信されいたことにびっくりした。けれども、公認の恋人になったみたいで、その時の自分は嬉しさが強かった。メールを送ってみると彼女も嬉しかったようで、上機嫌のメールが返信された。夜遅くだったので、その日は眠った。翌日から、彼女の日記を昔まで遡って読むようになった。

その週末にはデートをした。映画だった。待ち合わせ時間に遅刻して、たいそう彼女は不機嫌そうだった。映画を見たあとはなんとか機嫌も持ち直したようで、ファミレスでの食事では会話が弾んだ。

「今日のことはなんて書くの?」

こう聞くと彼女の機嫌はよくなるようだ。


あるとき、ひょんなことでケンカになった。原因はよくわからなかったが、ひどく中傷された。あなたは○○だからいけない、○○しなきゃ・・・。僕はただ困惑するばかりで、対応がわからなかった。その日の日記は更新されなかったが、後日、語調はやわらかになったものの、僕に対する注意はかかれたままだった。

その翌日、クラスで僕は奇怪な視線を受けることになる。特に女子からは好奇の目で見られている感じがした。そう、もうおわかりかと思うが、彼女の日記は女子全員知っていたのだ!

放課後、彼女に問い詰めた。

「どうして誰が見てるか教えてくれなかったのさ!」

「だって聞かなかったじゃない!」

「どうして日記をみんなに見えるように書くんだよ?」

「私の勝手でしょ!」


そういうと彼女はそっぽを向いてしまった。僕のプライバシーはどうなるんだ、という不満を飲み込んで、その場を去った。その日の日記は、露骨な部分を抑えて更新された。

歯車は簡単に狂うもので、別れはその一週間後だった。別れ話は以前のファミレスだった。その当時にはすっかり愛想をつかしていた僕は彼女に同じ質問を投げかけた。


「どうして日記を書くんだい?」

「他の人のプライバシーも書くんだろ?」

できるだけ嫌味にならないように努めた。

「そうね、どうして私は日記を書くのかしら。最初はほんの好奇心だったのよ。でも、友達が見てくれるようになって、楽しい日記を書こうと思った。できるだけ詳しく、楽しかったことも、辛かったことも書き残そうと思ったの。自分の、あるいは他人のプライバシーを切り売りしているような感触もあったわ。でも、見てくれる友達とは仲良くなれるような気がしたの。Sと一緒にデートしたことも、ケンカしたことも、私にとっては全部大切な思い出なの。」

僕は不器用にスパゲッティを巻きつけた。

「でも、それは君の主観だろ?君にとって楽しいことも、僕にとって楽しいわけじゃない。ましてや勝手にプライバシーを書かれて、クラス全員に知られてるとなっちゃあ、僕はどうすればいいんだ?」

「じゃああなたも日記をインターネット上で書けばいいじゃない!」

彼女は実にうまくスパゲッティを巻きつけて、口に運んだ。僕は目に見える形でため息を吐いた。そのあとはトントン拍子に別れ話が進んだ。実にあっさりとした別れだったが、僕は翌日からブログというものを始めることにした。

「全部大切な思い出、かぁ・・・」

ディスプレイに映る、今日の日記を眺めては思い出す。そしていま、場所は都内のファミレス。僕は同じ質問を投げかけられている。

「どうしてブログを書くの?」

僕はクルクルとスパゲッティを巻きつける。5年前よりは上達しているけれど、まだまだうまくまとまらない。さあ、これから君の質問にどう応えようかな。


*フィクションです

| 帽子の中 | 23:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

手記(2009.10)


2009.10.26 (Mon)


ハワイから帰ってきて一週間が経過した。先週は風邪の兆候が見え始めた。喉の痛みから始まり咳、鼻水と症状が変化し、最終的にはなんとか治りかけている。思えば小学校、中学校と僕は皆勤賞だった。風邪を引かなかった、というわけではないのだが、学校を休んだことはなかった。そのことに対して少なからずプライドを感じていた。しかし、高校生のときに学校を休んでしまった。それは体調が悪いわけでも、ずる休みなんかでもない。大学受験の直前講習を受講するためだ。受験の本当の直前になると、塾というものは平日にもかかわらず講座を行う。僕の場合で言えば東大の講習だ。しかもその講習で的中した問題だとかもあるそうで、それは出席せざるを得まい、という判断を下したのだった。大学受験を終えて帰郷した僕は、高校の卒業式に臨んだ。その際に皆勤賞の人は名前を呼ばれるのだけれど、当然ながらそこに僕の名前はなかった。なんだかちょっと寂しかった。あの講習に出なければ僕は大学に合格しなかったのだろうか、などとどうでもいいことをベッドの中で考えてみた。いまから考えると皆勤賞も直前講習もどうでもいいことだったんじゃないか、と思ったりもする。けれどもあのとき僕の下した判断が、いまの僕にどう結びついているのか、ぐわんぐわんする頭を抱えながら、ベッドの中で物思いに耽っていた。


2009.10.21(Wed)


かなり間隔が空いてしまった。ハワイにいる間、この手記は更新しなかったことになる。さて、ようやくいま発表後のバカンス気分満喫してる浮かれ頂点の記事をアップロードした。海もすごいし星もすごかった。それは本文に書いてあるのでよしとして、ほかにもすごいところはある。宿泊料に関してだが、僕らは一部屋$175で宿泊した。しかし、実は$500くらいの値段らしい。すごい。あと、廊下に並んだ骨董品の数々もすごい。総額600万ドルらしい(別にお金だけで僕は価値をはかってるわけではないが、直感的には金額を出したほうが共感されることと思う)。廊下はずっとこんな様子だ。


ハワイ骨董品
@骨董品


ちなみにあまりに廊下が長いためか、ホテル内を電車(トラム)が走っていたりした。速さは人間が歩いたときより少し早いくらい。

生活の様式も違う。そもそも水道水が飲めないのでところどころにこうやって飲料水を置いている。


ハワイ水
@水


水は高いものは3ドル/リットルくらい。安いものは1ドル。部屋に置いてあるものは6ドルくらいする。死ぬって・・・。水道水が飲めない、というのは僕にとってはちょっと厳しかった。ちなみにリゾート地を出るとそこはすぐに荒涼とした土地が広がる。隣町までは7マイル。

ハワイ表示


その間は延々と直線の道路なのである。アメリカの距離感覚で過ごしていると、考え方も大きくなりそうだな、なんてことを思いながら地平線と水平線にはさまれていた。




2009.10.10 (Sut)


ついに明日ハワイに発つ。初めての海外ということもあり準備の手間が悪い。うーん。いろいろ心配だなぁ。さて、めっきり「帽子の中」を更新していないがああいうのはたぶん書きたいときに書くだろう、ということで今日も手記を更新することにした。


2009.10.9 (Fri)


学会発表の練習が終わった。バックアップファイルをたくさんつくっておくほか、できるならば解析も進めたいなぁ。初めての海外旅行なので荷物の整理なんかも気をつけねば。さて、月曜日からブログが更新されてないのでするのである。


2009.10.7 (Wed)


学生実験の手伝い(=無償の労働≠TA)をしてきた。彼らは学科の三年生だ。二年前のそこに僕がいたのだと思うと年月の経過を身にしみて感じる。学会前だというのに三時間くらい潰れてしまったが、普段お世話になっている助教さんのお手伝いをできたのでまぁよしとするか、と思い直す。コーヒーをぐいと飲み干して、明日の朝くらいまでには発表用の資料と原稿を完成させたいところ。


2009.10.6 (Tue)

現在研究室にいる。今日の前半は海外渡航のための資料とかでそこそこ潰れてしまった。学会の発表資料を作りたいのだけれどシミュレーション結果が送られてこないとなかなか手を付けられなさそうだ。目的と原理くらいは書けるだろうか。いずれにせよサンシャイン牧場をやってるよりはマシか・・・。データ解析も引き続き行っているが、こちらもシミュレーション結果がない以上暗中模索な様相を呈しているような気がする。先生に言われたこともなかなか難しい。いったいどうしたものか・・・。

//その2
夜になった。シミュレーションデータに関しては他の助教さんなども所有しているらしいので、学会前までには手に入れられる見通しがたった。理想的には作った本人から頂けるのが良いのだけれど。データ解析も進んでいる。過去の実験データの再現性と、シミュレーションの再現性ふたつが見えている。素晴らしい結果だ。解析に夢中になると学会での発表準備を疎かにしてしまいそうで、直前に泣きを見るのが目に見えている。



2009.10.5 (Mon)


来週には空港にいるはずだ。研究ではとんでもないことが起こってしまった。ハワイの学会では発表の方針をある程度転換させねばならない・・・と思うとちょっと大変かもしれない。話は変わるが最近マジでおなかのお肉がまずいと思っている。マジで脂肪だ。シーボ脂肪で死亡、なんてシャレになってない(シャレにはなってるぞ)。さきほど朝ごはん用に買ってきた食事を寝る前だというのに平らげてしまった。独り暮らしをはじめて以来ずっとなのだけれど、僕は食物を家に貯蔵しているといつでも平らげてしまう。だから僕は冷蔵庫には何も貯蔵しないのだな(あるいは食べつくして何も残らない)、と最近自覚した。誰か冷蔵庫に鍵をかけろよマジで・・・


2009.10.2 (Fri)

手記と帽子の中のタブのことをブログ本文に書いた(これも本文だが)。

ついに金曜日だ。今週から研究室のミーティングが月曜日になったためか、一週間を有意義に使えた気がする。もう少ししたらハワイの学会であるのだけれど、海外旅行が始めてな僕はいろいろしなきゃいけない。パスポートも取りにいかなきゃいけない、ESTAに登録しなきゃいけない、出張用の書類を出さなきゃいけない、キャリーバッグを買わなきゃいけない、トラペも、発表練習も、髪の毛もきらなきゃ。やることはたくさんあるのだけれど、あまり精神的に追い詰められていない。先月あった英語の発表とその準備で相当追い込んだおかげか、精神的な器が大きくなったのかな。

| 手記 | 23:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |