シーボの日記

1991年12月 | ARCHIVE-SELECT | 1992年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

Home Work.

不必要になった書類をトントンとまとめ、洗濯物はたたんで一箇所にまとめる。積み重なった食器の山をキュキュッと磨き、所定の位置に戻していく。床に落ちた埃をふき取っては日常生活で出たゴミを捨てに行く。一人暮らしをしてそろそろ五年になるが、いまだに家事が苦手な僕。そんな僕は平日の雑務に追われて週末の夜に家事をこなす。それは不器用ながらに培った一人暮らしのスキルなのか、あるいは惰性と妥協の中の産物なのかはわからないけれど、こうやって家事をまとめてしてしまうのが好きだ。

決して僕は綺麗好きというわけではない。綺麗好きであれば僕は週末の貴重な時間にこれほどの膨大な(!)タスクに追われることもないのだから。この時間が好きだと思ってる一方で、家事は怠惰なものでもあるからだ。

けれどもこの時間をこよなく愛している自分がいる。こうしていると心が洗濯されていくようなのだ。どうして好きなのか、といわれると少し困る。それは恋人に 「どうして好きなの?」 と聞かれたときに的確な答えが思い浮かばず相手を不機嫌にさせてしまう。不器用な僕がよくやることだ。しかし同じ類の問題なんじゃないかな、と思う。 ある一面を見ているだけでは見えなかったものが、別の角度から見ると全く違ったように見える。短所であったものが長所に見えるし、欠点であったものが武器になっている。あるときは笑顔で微笑んでいるようでも、僕の見えないところでは泣いているのかもしれない。そんなのはよくあることだ。

一人暮らしをはじめて五年になる。僕の掃除はまだ終わっていない。自分の中の汚いところが、この週末の時間に雲散霧消してくれるのではないか、そんな一縷の望みを無意識下で侍らせつつ、僕はお皿をキュッキュと磨く。

| 帽子の中 | 05:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

手記 (2010.1)


2009.1.22 (Fri)

 年始の挨拶をしてからもう月末か、と思うと早いものだ。最近は研究も進んでいるような気がするし、今日は学会の概要を仕上げた。いろいろと大変な日々ではあるけれどもお世話になってる社会人の誕生日会の幹事をしたり、月末には東大の1、2年のときの教養のクラスの同窓会もあるらしい。なかなか楽しくなりそうだ。

 ブログを始めて5年になる。当然大学1年生のときもブログを書いていた。当時は本当に日記、という枠組みで自分の備忘録としてのウエイトが非常に大きく、それゆえに書ける内容もあった。今から思えば周囲の人達に大変失礼な内容も書いているし、奇特な読者さんからは「昔の記事も読みました」なんてことを言われて心底恥ずかしい思いをしたりする。けれども僕はそういった記事は残したいと思っている。きっとこんな文章を書いている自分を、将来の自分は恥じるときもあると思う。自分の一日一日を生きた記録を残す、というと寿命が先に見えてしまった末期患者のような気もするけれども、やっぱり一日一日を大切に生きたいと思うし、そんな昔の記事を見てくれる人がいればいいとも思う。僕の周りにはいま、ブログを書いていなければ会えない人たちがたくさんいる。ブログを書いてなければ会えたはずの人もきっといるのだろうけれども、僕はこうやってブログを書いてきたことで出会えたということはやっぱりすごく嬉しいことだと思うし、常にそう思ってる。恥ずかしくて直接言えないからこうやって手記というところに細々と書き残しておこうと思う。


2009.1.3 (Sun)

 みなさまあけましておめでとうございます。Web上の各所でおめでとうの挨拶をしている僕ですがこの手記でも挨拶させていただきます。

 さて、年末を振り返る暇もないまま新しい年になってしまった。年末は東京を皮切りに名古屋、大阪と忘年オフ会なるものをしてきた。各地で思うところがあったのだけれど印象的だったのは大阪でのオフ会だろうか。初めて大阪でオフ会を開いたのは去年の5月最初だった。大阪で実験の出張があったついでと、ゴールデンウィークという日程だったためたくさんの人数が集まった。そのときは馬鹿ほどにウイスキーを飲まされた記憶があってたくさん粗相をしたと思われるのだけれど、大阪の人たちは総じて優しく対応してくれた。そして今回大阪でオフ会を開くにあたって肉欲さんとも一緒に飲んだ。彼も話していたのだけど、やはり大阪でのお酒はおいしいらしい(もちろん彼は九州や山口なのでもっとも近く人が集まりそうな都市といえば大阪なのであろうが)。彼自身も去年は四度ほど大阪に足を運んだようだ。

 オフ会、というのは一般の人からするとまだまだ偏見のぬぐえない響きがあると思われるのだけれど、いまではmixiでも2ちゃんねるでもTwitterでさえもオフ会が開かれるのである。ネットでの出会いに完全に甘んじてはいけないのだろうけれども、僕が通常の生活を送っていたら絶対に出会えなかった人たちがそこにはいて、そこでできたつながりはすごく大切だと思う。きっと今年もたくさんの人と出会うことになると思う。そんな中でひとつひとつの出会いを大切に、仲良くなれたらいいな、なんてことを考えている。次は横浜くらいでオフ会かな!

| 手記 | 00:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |