FC2ブログ

シーボの日記

2006年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

甘党のたしなみ方。

さて、

3月5日。


今日は甘ちゃんを呼びました。
ええ、ゴールデンアイというゲームを借りたらしく、
シーボはやりたくてウズウズしていたんですね。


そんなこんなで甘ちゃんは15時くらいに来ました。


とりあえずゴールデンアイを開始。




やばい!!




面白い!!



つか、甘ちゃん上手すぎ。
ピストルのAIMが人間じゃないくらい良い。

ものすごく遠距離にいるのに、マグナム銃で顔面を打ち抜いてきたりします。


(´-`).。oO(ああ、おそろしや甘ちゃん



そんなこんなで時刻は20時。
(この時点で5時間近くゲームをやってることになるw)


おなかが減ってきたので、
われらが苗場に行こう!ということで((((((っ・ω・)っ




そしたら閉店Il||li _| ̄|○ il||li

萎え~。




そんなわけで渋谷へ行って、
伝丸とかいうラーメン店
でんまる



味玉を食べました(゚Д゚)ウマー
でんまるらーめん




白飯が無料だったので卵ご飯を頼んだ甘ちゃんが
寂しそうな顔をしながらスープをすすっていたのが印象的だw


んで、この時点で甘ちゃんは横浜方面に帰る予定だったのだ。



だけど、そこが甘たんクオリティ。



シーボ「そういや今日、(ゴールデンアイばっかやってて)マリオカートやってなくね?」


この一言で彼の中の何かがフッと切れたようです。
ついにシーボ邸にとまることになりました♪



そして靴屋を訪問し、本屋へ行って、
高校の参考書の棚へ行きました。
二人で参考書談義をしていました
(注:おとといの日記でいう、「参考書マニア症候群」である



それが長く続き、ついに家に到着。

あ、深夜の大学でわがクラスメートのがわやんに遭遇したり。




がわやん「また飲んでるの?」


ええ、少しですけどのんべえです(´・ω・`)

やれマリオカートだの、スマブラだの、ポケモンだのやってました。



気づけば3月6日午前7時w
朝日がみえるー。
あさひ



そんなわけでシーボはベッドにもぐりこみ、
甘ちゃんはしっかりと64の片付けをして去っていきました。


あ、ちなみに3月6日の日記ですが、もちろん死んでました。



だっておきたのが17時だもん!!!!(死



いやね、この時間に起きるとね、
外に出ようにもやる気をなくすんですわ。
そんなわけで勉強などネトゲーなど。




さて、今日のコラムは、お酒☆



大学生活を始める上で、このコラムは欠かせませんな。
今年大学に入る人はぜひ、お酒との最低限のマナーを学びましょう。


えとー、まぁ、高校生でお酒をたしなんでいる方も多いかとは思いますがねw


まず、お酒の種類について。
お酒は蒸留酒やら何やらいろいろ種類があるんですが、
まず出会うお酒は、


○ビール
ビール



○カクテル
カクテル



○チューハイ
チューハイ



○日本酒
日本酒



○焼酎
焼酎<


○ワイン
ワイン




これくらいでしょう。
他にもあるけど、とりあえずこのどれかと戦うことになりますw

んで、まあ、焼酎と日本酒、ワインが少し強いですよってことだけ注意。



お酒を飲む上で大切なこと。


①自分の限界を知ること

いわずもがな、自分の限界を知ることが重要です。そんなこと言われても死ぬまで飲めとはいいません、


「自分が気持ちいいくらい」



これが限界だと思っておけば大きな失敗はないはず。
まぁ、最初だと酔って失敗することは誰にでもあるんで、
そのへんはコールの嵐を潜り抜けて実地訓練にて学んでください☆





②無理に他人に飲ませない



俗にいうアルハラです。アルコールハラスメント。
大学生だとコールってのがあって、
無理やりイッキに飲ませるイメージもあることはあるんですが、
少なくとも飲めない人に無理やり飲ませないようにしましょう。

(´-`).。oO(まぁ、コールは盛り上がるので楽しいんですがね・・・。


あ、一気飲みはかなり酔いが回りやすいので注意ですよ。
ウイスキーやら焼酎のイッキは極力避けましょう。





③吐くのはトイレにて



これはわが戦友、甘ちゃんの格言です。
とりあえず、吐くのはトイレにてお願いします。
後片付けをする人や店に多大な迷惑がかかります。


どんなに苦しくても、トイレまではガマン、ですよー。



④断るときは断る



アルハラまがいの先輩に攻められそうになって、
もう飲めない状態だったらキッパリ断りましょう。


でも、「イヤです」とか、ストレートに断るんじゃなく、
やんわりと否定しつつまだ生存している他人に矛先が向くよう仕向けるテクニックが必要です。

中国の格言でこんなものがあります。



「上に政策あり、下に対策あり」



自分の要求を飲ませるのなら、相手を直接非難するのではなく、
うまく比喩を利用して説得するのですw




⑤総括



まぁ、こんな机上の空論を並べたてるよりは、
実地で学ぶほうが千倍役にたちます。

最低限、アルハラと飲みすぎには気をつける程度で、
自分なりのマナーを育て上げていってください☆



| 日々の出来事。 | 03:06 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |