FC2ブログ

シーボの日記

2006年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

病院の窓から。

急性アルコール中毒。


そう医者にいわれました。
点滴はすでに4本目。
左腕の先が麻痺してる。
重力が強い。


体調よりも、迷惑をかけすぎている
自分がすごく嫌で嫌で自己嫌悪でした。



そのあとは友人が危篤だってのに
ちゃんとテニスの練習に行く甘を見送って、
こっしーとわただけになった。



ミクシイで書いた文章を見て彼女が電話をかけてきた。


「・・・よよぎはちまん・・・よよぎはちまん・・・病院・・」




そう電話口でうめいてた。
実際、僕のこのとき持ってた情報は
ここが代々木八幡であることだけ。




その1時間後くらいに彼女が来てくれた。
代々木八幡病院なんて実在しない病院だから、
探してくれたらしい。




こっしーやわたもいてくれたので、
彼女を紹介しました。



まさかクラスの人に紹介することになるとは思わなかったけどね。





エックス線検査とか、
検尿とかもしました。



わたとこっしーも徹夜の看病だったので、
帰宅しました。




その後は彼女に看護してもらいました・・・。




すごい反省してて、陰鬱具合がひどいんだけど、
これ以降はいつもの「シーボの日記」調に直したいと思う。
反省してないわけじゃないからね。





-------------以下、シーボの日記w---------------------







さて、下クラにぶっつぶされたシーボですこんばんわ。
朝起きて、腕を見てみると・・・




ちょwwww点滴されまくってるwwww


tennteki






(´-`).。oO(そういやぁ、人生初入院だな



そんなこと思いながらも調子が悪い。



いろんな検査を受けて、点滴も4本目を終えて
特別に入浴させてもらいました。




いったん帰ったこっしーが僕の家に着替えを取りにいってくれまして、




ちなみにこっしーが選んだ服のチョイス、
俺が数理科学のときに来てたのと一緒で、



(´-`).。oO(こっしーここまで気を使ってくれてんのかな・・・




と思ったり。




んで、彼女を紹介した後こっしーは帰って、
メールで



「二人(僕と彼女)の馴れ初め話聞けてよかったよ」




とのメール







え・・・







(´-`).。oO(えええdふぁふぇwqf_???



い、いつしゃべりましたかガクガク(((( ;゚Д゚))))





そうです、
昨日酔った勢いで彼女のことを話してしまったのです・・・






いえ、僕の周りにいる人ならわかると思いますが、
少なくとも「彼女がいるようなそぶり」は見せたことはまったくなかったはずです。



最近になって「kさん」として日記に書き始めて、
それで


「kさんて彼女??」


と聞かれることも多かったのですが、
それでも



「うーん、どうなんだろう?」



とか曖昧な返事でごまかしてました。
ホラ、あと今僕の周りで失恋してる人おおいしw
こういうのウザイだけじゃん?





そんなこんなで秘密にしてたわけなんですよ。
でも、それをしゃべってしまったなら仕方ない。





さて、そんなこんなで2時ごろ退院できることに。

医者からは


「昨日だいぶ意識なしで嘔吐してて、
肺に胃液が入ってたら高熱が3日後くらいにでるかもしれない」



といわれますたガクガク(((( ;゚Д゚))))



あ、ちなみに入院費。




2 6 0 0 0 円




かかりましたからー残念!!!!



(´-`).。oO(オリター感謝コンパは無料なのにねw



(´-`).。oO(タダほど高いものはない・・・






病院を出てると日差しが強い。
まったく通った記憶のない道路を抜けて、
代々木八幡から帰宅。




まだ調子がよくなく、
家でおかゆをつくってもらったりして
介護してもらいました。



知らないうちに部屋の掃除とかもしててくれたみたいで、
いろんなとこで助かりました。






そんなこんなで彼女も泊まって見てくれることになりました。



(´-`).。oO(べ、別にやましいことしてないんだからねっ!!!



(´-`).。oO(病み上がりテラキツス・・・









ん、いろいろな方に迷惑かけて本当にごめんなさい。
ちょっとお酒こわいです・・・
土下座したいです・・・。



東大生ブログランキング

| 失敗談 | 08:02 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |