FC2ブログ

シーボの日記

2006年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

進学振り分け。





6月24日。



10時ごろ彼女宅を発って、
吉祥寺で昼にカレーを食べたあと、
家に帰りました。



その後は勉強をしてますた。


勉強といってもアレですよ、
シーボはほっとくと違う勉強(レポとかの出されてない)を
やってしまうんで、
今日は意図的にレポをがんばる日にしました。


基礎実験のカフェインの定量のレポを半分書き上げて、
植物科学のレポも書き上げました。


植物科学ではオーキシンと屈性の関係を論じるもので、
教科書に載ってたのでそれを要約しつつ。


この授業の植物科学の教科書って面白いですね。


前提知識が浅い僕でも読み進めていける上に、
いまの研究課題とか、何がわかっていないかしっかり明記してあるんです。
こういうの見てるときっと前提知識が浅いところから
一気に専門家の知見を得た気分になって、
「自分SUGEEEEEE」
みたいな錯覚に陥るんでしょうね。陥ってます。




6月25日。日曜日。


今日も何も予定がなく、勉強三昧・・・と思いきや
起きたのが12時。


そんなこんなで今日は数学についてマッタリ学んでいました。


さて、ここまで日記に書くネタがないのは久しぶりですかね。
まぁ、7月にテストが始まるから、
勉強日記になってしまうことがあるんですが。


さて、このまま日記を終えるのもなかなかオツなもんですが、
最近、日々のことに忙殺されて書けなかったことを書きますかね。


この時期になると「進振り」をよく耳にしますね。


東大っていう大学にいる以上、
大多数の人は「進学振り分け」なる制度があります。
簡単に言えば、成績がいい人を3年から
優先的に好きな学部に受け入れるというものです。

東大にはご存知のとおり文1、2、3、理1、2、3という科類がありまして、
進学振り分けは基本的に文3、理1、2が重要になります。
(文一、文二、理三は単位さえそろえば自動的に法学部、経済学部、医学部に内定できるため)

シーボは理科2類に所属しているので、
当然進学振り分けによって学部を選ばなければいけません。
いわば、大学入試をもう一回やってるようなもの。
いや、入試ほどキツくないけど。


シーボは高校のときこと進路に対して無頓着で、

「とりあえず東大にいけばいいや」

そういう気持ちだったんです。
こういう東大生って意外と多いと思いますよ。
東大に「進振り」制度があることは知っていたし、
「学部」に興味を持つ必要性がなかったのも影響しているのでしょうが、
入学前、「理工学部」が「理学」と「工学」をいっしょくたにしてるとは知りませんでしたw
しかも、理学ってなにやるか全く知りませんでした。


そして、大学に入って教養という名の大学の講義を1年と半年近く受けて、
自分の進路が少しずつ見えてきた気がします。


(思えば、高校生の時にすでに学部を決めなきゃいけない立場になったら、
多数の高校生は戸惑うのではないかと思うんですが)



そんなわけで僕は志望学部が決まってきました。
理学部です。


先日行われた一次集計(人気投票のようなもの)では
理学部物理学科を第一志望にしました。
第二希望とかは教養学部とか、広い意味で興味のあるとこでしたがw


実際、希望の学部に進めるかわかりません。
急に点数が上がることだってありますし。


いまのところ、物理学科に決めたわけではなくて、
理学部ならどこでもいいかと思っています。
もちろんえり好みはあるんだけど、
数学、物理、化学、生物、あたりならば
どこでもいいという感じですかね。


いままで物理だと思ってたけど、
最近になって数学方向への「ゆらぎ」と
化学方向への「ゆらぎ」があって、
すごーくフラフラしています。
特に数学科に惹かれている自分がいて、
物理より数学に基盤が移りつつあるというのも
決して嘘ではないんです。
急に生物に変わるかもしれませんし、
教養学部にも変わるかもしれません。


でも思うことはどこへいってもやりたいことはあるし、
楽しみにしてることはあるんです。
だからいま、そんな妥協は抜きにしていろいろがんばってみます。
7月のテストも。


そういうことを最近よく考えています。
今日はちょっとまじめに進路を語ってみました。



東大生ブログランキング

| 日々の出来事。 | 20:29 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |