FC2ブログ

シーボの日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

合格体験(裏)




さて、今日は昨日予告しましたとおり、


大学合格発表体験記(裏)を書きます。



正直、僕はこの「闇」の部分は書きたくないが、
自分の人生で起こったこととして、
忘れてはいけないものとして、
昨日書き洩らしたことと織り交ぜて書こうと思う。

途中、おちゃらけた文体も使用するが、
「闇」の芯はずれないようにしたい。


3月10日。


僕は合格することができた。
チラシも100枚近くもらい、
テレビ撮影され、写真も撮られた。
(日テレでしたよ!)


親に電話をかける。
父親が先か、母親が先か、どちらに電話しようか迷うが、
とりあえず母親に(マザコンか?)

そして友人に電話、メール攻撃開始。
でも返事があまりかえってこな(ry
(注:沢山頂きました。サンクス)


カッコいいお兄さんと(とても)かわいい女の先輩にまで握手をしてもらえました。

「手、あったかいねぇー」

って言われますた。

もう激萌えですよ、ええ。
あやうくテニスサークルに入ろうかと小1時間。




さてさて、話は変わって
こういう場所に必ずいるのが、
「個人情報」を聞いてくる人間なんですね。



「・・・ですが、住所と携帯番号をお願いします」



こんな言葉を何度かけられたか。
悪用されるという噂は前々から聞いていたので、

「この本(2005年度版の合格体験記)をあげるので
参考にして受験体験記を書いてくれませんか?」

というエール出版だけに住所を教える。
このへんはさすがに僕も有名になりたいものなのである(ぇ






ここで、受験番号が本当にあったか不安になり、
掲示板にいったん戻る。
そして番号を撮影する。


ここでラグビー部またキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

そして2回目の胴age。

騙してすみません。

そしてまた記念撮影il||li _| ̄|○ il||li
笑顔は引きつっていた。
胴上げはもっと高く上がるものだと思ったが、
それほど高く上がらなかった


(´-`).。oO( ダイエットしろってことですかね





再度受験番号を確認し、掲示板を去ろうとした。




そのときだった。




「おめでとう!!」



僕より頭一つ分ちいさい、茶髪のヤン系(?)の兄ちゃんと、
頼りなさげな、黒ぶちメガネ、中年顔の兄ちゃん。
僕を囲うように声をかけてきた。

茶「何類?」
シ「2類です、理科の」
黒「おめでとう」
茶「いま新入生オリエンテーションしてるからちょっときてよ」
 「10分くらいで終わるからさ」


そして僕はこの二人組みについていった


建物の中に入れられ、
これまた美しい、淡いピンク系の服をきた女性の先輩に
「おめでとう!!」といわれる。


(´-`).。oO( 今日は何かとモテモテだな
(´-`).。oO( っていうか出会う女性がみな美人なのは気のせいかな・・・
(´-`).。oO( 宣伝なのかな

と浮ついた気持ちでいたら、
誰か大切な人にビンタされた気分になってきた。痛い。
ここで冷静になった。


(´-`).。oO( ねぇ、家庭科の先生、こういうのなんて言うのかな?
(´-`).。oO( 確か「キャッチセールス」っていうんだよね。


思い切って、
「これって、怪しい会じゃないですよね?」
ときくが、そうでもないという返事。

そして説教開始。


「どうも、教養学部の○○です」
(´-`).。oO( ふうん。



「これからが人生大切なんだよ」
(´-`).。oO( まぁ理系から教養いった人間に言われたくないわな



「第二外国語はドイツ語なの?」
(´-`).。oO( まだ決めてませんよ



「学部はどこに?」
(´-`).。oO( ん、文学部ですよ、理系から(嘘です


こんなのが延々10分続き、
僕も少々キレ気味になってきた。

明らかに退屈そうな態度で立ち向かう。


5分経過。
ウザくなってきた。
思ったとおり「個人情報」を聞き出してくる。
このへんで退散させてもらおう。


(´-`).。oO( 絶対、「ヤバイ」団体だったな。
(´-`).。oO( そういえば以前誰かが「いつか騙されるよ」っていってたな
(´-`).。oO( ・・・・・・


後日、この団体はヤバイということが明らかになる。
詳しく知りたい方はこちらを参照。
http://saki.2ch.net/kouri/kako/986/986123927.html



こんなヤツら、許せない。
来年、合格者のふりをしてヤツらの「詐欺」を邪魔してやる。






そして解放された。








その後、生協に加入し、某有名な門から帰る。

地下鉄があるなんて知らなかった(ぉぃ
だから最寄の駅まで25分歩く(←バカ


(´-`).。oO( なんか忘れてないか?
(´-`).。oO( あ
(´-`).。oO( お土産



大学にUターン。
一万円分ものお土産を購入する。

生協から出る。
大きい広場に出る。






そのとき、僕の笑顔は壊される。



受験生であろう女の子が、
泣きながら僕の前を通り過ぎた。
生協付近は人が少ないので、
不合格者が毎年人目をさけて通るということらしい。

「泣いている」ではうまく表現できないが、
「絶望」と「つよがり」が入り混じった、強くて弱い顔をしていた。
泣くまいと思いながらも、泣いてしまう。








華々しいシーンが毎年テレビで放送される。
合格体験記は合格者の笑顔だけを映し出す。
大学生活をできるのは合格者だけで、
そこに落ちた者の苦しみなんてのはない。
あったとしても、それはほんのわずかだろう。
僕の合格だって他人の人生を変えてしまったことになる。
僕の合格は僕ひとりで成り立っているわけじゃない。
報われなかった努力、時間。
あるはずだ。






















僕は、ほんとうにバカな人間だ




















さて、土産を持ったまま、
手いっぱいで最寄の駅まで歩く(再度25分経過)
東京駅に到着。


ここで携帯が鳴る。
日テレからの呼び出し。

日「さきほど撮影させていただいた○○ですが、今大学にいますか?」
シ「いま東京駅ですね」
日「撮影できますか?無理ですよね・・・」
シ「行きます!20分で行きます!」



というわけで再度大学へ猛ダッシュ(←バカ




汗をかきまくって到着。
もう日が傾いてるではないか。


そして再度インタビューに応える。


日「これからあなたの家に行ってもいいですか」
シ「あ、はい」
日「他の受験生も考えているので30分くらい時間ありますか?
  判断させてください。」




というわけで30分待機。
ちなみに昨日の日記の

「ちょっとした虚無感と、一握りの嬉しさを噛み締めて、
大学構内の、ひんやりとした春の風に僕は立っていた」

この場面のことです。






30分経過。

結果は「不合格」

(´-`).。oO( 死ね!日テレ死ね!バカ!お前なんてもう嫌いだ!




とぼとぼと家に帰宅しましたとさ。


あ、合格発表前、発表後には湯島天神にお参りにいきました。
神様、本当にありがとう。


めでたしめでたし。
(キャンパスと駅を3往復くらいしましたが)




超ウルトラ長文ですね。
簡潔にまとめたくありませんでした。
(´-`).。oO( まとめる能力がないんだろ?

| 日々の出来事。 | 07:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://seaborgium.blog54.fc2.com/tb.php/10-48500163

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT