シーボの日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

あぁ世界は素晴らしい。


6月8日。土曜日。

今日は滞在最終日。





まずは食事。

small-2013-06-08-12-29-01.jpg


イタリア料理は間違いなく美味しいのですが、
いかんせんヘヴィなものが多かったのでサラダを食べました。


腹ごしらえをしたあとは観光。
一週間の滞在でいろいろ見ることができたのですが、
残ったウフィツィ美術館に行ってみることにしました。



small-2013-06-08-14-23-12.jpg

こちらも残念ながら撮影禁止。ブロガーとしてはちょっと困りますが・・。
美術に疎い僕でも携帯型の解説の機械を手にするといろいろ楽しめます。
Wikipediaのギャラリーでどんなものがあるかはわかりますが、
中でも有名なものはヴィーナス誕生、春があります。
美術の教科書で習ったくらいに有名なものですね。
そしてウフィツィ美術館をあとにしたあとは


ガリレオ美術館に((((((((((っ・ω・)っ



大きな地球儀(天体軌道つき)がありました。


これはかなりの大迫力です。

small-2013-06-08-15-41-35.jpg


ガリレオの時代らしく
天体望遠鏡に類するものがたくさんありました。


small-2013-06-08-15-47-12.jpg



東大の教養学部の実験のときに
ひたすら玉を転がした記憶のあるこの装置。


small-2013-06-08-15-50-36.jpg


(´-`).。oO( 懐かしい・・・


時間を定義して測定する、というのはやっぱり大変なんだなあ、
とこれらの装置をみて感じられます。

small-2013-06-08-15-52-57.jpg
@時計らしきもの



ガリレオ美術館は物理に関するものだけじゃなく、
堕胎器具なんかもあったりしたのはびっくりでした。


そのあとはドゥオーモ附属美術館に移動。



ここにはミケランジェロのピエタがあります。



small-2013-06-08-16-18-44.jpg


先日バチカンのサン・ピエトロ大聖堂にいったときにも
ミケランジェロのピエタはあり、かなり厳重にガードされていたのですが、
このピエタはめちゃめちゃ近い。
触ろうと思えば普通に触れそうです。触ってないけど。
そんなわけで観光は終了。


最後の食事はフィレンツェ名物のTボーンステーキを食べました。



small-2013-06-08-20-23-53.jpg


出発は明日の朝の非人道的な時間。起きれるかなあ・・・。



6月9日。日曜日。



飛行機は6時くらいに出発、なので
ずっと起きて帰宅の準備をしていました。
朝四時に駅前でタクシーを捕まえ空港に。


small-2013-06-09-05-17-43.jpg


午前五時に到着しました。
ちなみにタクシーが駅前になかったら空港まで歩いていくつもりでした(お
フィレンツェからフランクフルト空港へ。午前九時。

small-2013-06-09-08-47-54.jpg


かなり雨が降っていたので無事出発できるか心配でしたが、杞憂に終わりました。
そこから4時間ほど待ってフランクフルト→成田へ。

乗った飛行機がエアバスでかなり綺麗。

small-2013-06-09-13-20-43.jpg


6月10日。月曜日。


午前8時に日本に到着。
イタリアでの食事のせいか無性に日本食が恋しくなり、
成田空港のお茶漬け屋さんに行きました。

small-2013-06-10-08-44-20.jpg


成田空港からはバスに乗車して11時に帰宅。
洗濯機をたくさん回して旅の衣類を処理し、
お風呂にはいってから研究室へ。
今日はテレビ会議システムをつかって三箇所での中継をして打ち合わせをする会がありました。
四ヶ所をつないで会議できるなんてすごいよなあ。
19時半に帰宅。移動日とかぶっていることもあってかなり眠かった。
イタリアとフランスのお土産を実家に送って、
たまったジャンプとヤンジャンを瀕死になりながら眠りました。

一週間のイタリア滞在、いろんな人と話せたし
美味しい食事も楽しい観光もたくさんできて本当に充実していました。
エネルギーを補給して、また明日からがんばろう!




東大生ブログランキング人気ブログランキングへ


| 日々の出来事。 | 03:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://seaborgium.blog54.fc2.com/tb.php/1769-334b3672

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT