シーボの日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

車で職場に初出勤。(2014.7.23-25)


7月23日。水曜日。

8時半に起床。車を買ったはいいものの、
保険に加入していないために運転できず、
バスでいつもどおり大学に来ました。
アパートの駐車場の支払いもしようとしたら
小切手が必要と言われ、すぐには支払えずそのまま出勤。








昨日、保険仲介業の人から見積もりがきたのですが、
明らかに安すぎたので逆に不審に思い、
結局自分で保険を探すことにしました。
いくつかの保険会社で見積もりを取得し、
車種とか年代や個人情報を登録したりして無事契約完了。
全部オンラインでできるのは凄いな。
仕事を終えたあとはジムへ。久しぶりに3マイル走ってきました。
なかなかジムに通えなくなってきてるのですが、
時間を見つけていきたいもんです。

家に帰ってきたら同じマンションに住む
日本人のおばあさんに会って、ピザをごちそうになりました。
同じマンションに住む女性の方も呼んでさながらピザパーティ。
ちょうど管理人さんとも入り口で会いました。
話を聞くと日本人が四人くらいノックスビルにくるらしい。
外国語大学の留学生とかかな。


ピザをごちそうになったあとは
近くのスーパーに車で行きました。

small-2014-07-23-20-19-28.jpg


徒歩五分の場所なので正直車を使う必要もないのですが、
運転に慣れていない僕にとってはけっこう大きな精神的負担。
重い物を運ぶ有用さに驚きますが、まだまだ運転は怖いなあ。
(思えばひとりで運転したのは人生で初めてかもしれない!)

駐車場代にかかわる小切手も買いました。
小切手の買い方でまごついていたら、
隣でスクラッチをしているオジサンに使い方を教えてもらいました。親切。
すごく胡散臭そうなオジサンだったんだけど、
人を見た目で判断してはいけないな。

7月24日。木曜日。

8時半に起床。
今日こそ車で通勤を!と思ったのですが、
昨日一緒にピザを食べた女性から
「大学の事務に話があるからついてきてほしい」と言われたので、
彼女の車に乗り込み大学まで行ってきました。
トラブルに関することなので誰かいてほしいという気持ちはわかるのだけれど、
事務の人たちとも僕は一切喋らなかったので、
いた意味はあるのだろうか・・・とは思います。


キャンパスを一緒に歩いていたら
赤い色が綺麗な鳥がいました。


アメリカにいる野鳥で、カージナルというらしいです。
日本語ではショウジョウコウカンチョウ、
カージナルの由来はカトリックの枢機卿の真紅の衣に由来するんだとか。

今日の仕事は紙をつかって方程式を解いていました。
18時に帰宅。もちろんバスで。


7月25日。金曜日。

今日こそ車にて初出勤!

7時間前に起きて、車が少ない朝に行くことにしたのですが、
この時間、すっごい朝日が眩しいのな。やばい。
道はよく知った道なのですが、
バスから見る風景と運転席から見る風景は多少違いますね。

大学の駐車場に到着。

small-2014-07-25-07-16-40_20140810105137b36.jpg


(´-`).。oO( 写真からでも眩しさがわかるね・・・


かなり朝早くに到着したら、
隣の研究室の同僚に「今日は早いね」と言われ、
初出勤を車でしたから云々、という話をしました。


仕事の方はここ数日ずっと妥当性が全然ないんじゃないか、
と思っていたことを同僚に話していたら、
なぜか自分で解決できそうなアイディアが出てきました。
話すって大事なことだなあ。それっぽいメソッドを書き書き。


そして17時前に帰宅。帰宅ラッシュを避けるために
早めに出たのですが、それなりに交通量が多かったです。
警察も多いし速度も出せないんだけど、楽といえば楽。


家に帰宅すると、
注文していたカーナビが届きました。

small-2014-07-25-16-52-42_201408101051347c4.jpg


small-2014-07-25-19-06-50.jpg
(初期設定がミシガンの道路になってるのはなぜだろう)

説明書は一切英語がないんだな。


small-2014-07-25-16-54-06.jpg


スペイン語を話す人達も多いからなのだろうか、
いずれにせよ面白いなと思いました。
早速ナビを取り付けてきました。


small-2014-07-25-19-34-19.jpg


盗難が怖いので一応見えないところに隠す措置も。
何はともあれ初出勤を車で終えて
それだけでも達成感はすごいです!快挙!

| 日々の出来事。 | 10:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://seaborgium.blog54.fc2.com/tb.php/1877-d34cd379

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT