FC2ブログ

シーボの日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

頭角を現すもの。




木曜の英語Ⅰテストに向けて
必死に勉強しているシーボですこんばんわ。





10時起床。
なんだか最近、睡眠に逃避するようになっている。
夢の中ならば自分の創り上げたファンタジーを体感できる。
それが夢を操作できるときも、できないときも。

ちなみに今日見た夢は、合気道の夢でした。
刃物を突いてくる人間に、正面当てという技をかけるシーボ。


まぁ、いろいろな夢を見れるから、寝ることは楽しいんですね。



ある文献でみたことがあるんです。



「普段の生活にハリがないと睡眠に逃避するようになる」




まぁ、シーボもこんなカンジなんでしょうか(´・ω・`)










三時間目、スポ身。



今日は頑張ったぞシーボ!
得点も決めたし、パスもつないで貢献したし。
それでも暑いなぁ・・・。




自分用メモ。
レポ課題:ライス処置について調べよ
来週までに1600字以内。









四時間目。数学演習。









?(; ・`д・´ )?












人が少Neeeee!!









まぁ、そりゃ当然でしょう。





○英語Ⅰ試験直前
○問題が高度で板書して、得点を得ることもできない問題





ですもん。






「頭のいい」東大生の皆さんは
この授業をブッチして、英語に励むわけです。



シーボも、
「英語やろっかな・・・(´・ω・`) 」



とか思っていたんですが、
配られたプリントを見ると、解ける問題があるじゃないですか。




5×5の行列式を求める問題(しょぼい)




それに、今回の授業、
まだ数学の授業でやってない範囲の演習だったんです。
しかも、英語にみんな気をとられて解いていない。




絶好のチャンス!とばかりに問題を解き解き。


5次元を4次元して、3次元にして、サラスの規則で展開。
簡単簡単。





そして発表。




得点ゲトー。








ラッキー。
独学していてラッキー。







以下、独り言。




東大に入学した時点で、頭角を現してる人物は一握りだろう。
実際僕もギリギリで合格したようなものだ。
だけど、「頭角を現してくる者」にはなれる。

入学したばっかのときは、
「みんな頭良すぎだよ・・・」とか思っていたけど、
最近になって、「意外と俺のほうが優れてたり・・・?」
と思うようになった。

それは錯覚かもしれない。エゴかもしれない。

だけど、実際僕はそれに見合う学習はしてるつもりだし、
勉強に対するモチベーションで、負けるとは思わない。

僕のスタート地点はいつもゼロからだった。
マイナスかもしれない。
高校入学のときもそうだった。
明らかに周りの人間のほうが優れていた。


高校入学時僕より上にいた300人の人間。
彼ら300人がみんな東大に入学できる力を、
卒業時に持っていたかというと、それは間違いだろう。



別に勉強のことだけを述べようとは思わない。
部活で大切な何かを得られたならそれでいいじゃないか。
勉強より大切な何かを見つけたんならそれでいいじゃないかとも思う。


東大だってしかり。
そこで学問の芽が芽生えないこともある。
恋愛することもある。失敗することもある。
サークルに熱中したり、バイトに励んだり。
だけど、こと勉強に関して、僕は述べているだけなのだ。
それは納得してもらいたい。
僕の否定する競争原理も暗に含まれているが、
高校時代の僕ということでご容赦願いたい。


だから僕は「頭角を現すもの」になっていこうと思う。

| 日々の出来事。 | 06:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://seaborgium.blog54.fc2.com/tb.php/189-5d73e980

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT