シーボの日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

三度目のミシガン滞在。 (2014.9.15-21)



9月15日。月曜日。

8時半に起床。今日はミシガンに移動する日。
9時半に研究室到着。ボスの講義が終わるのを待って
ミシガンに出発。車で向かいます。



ノックスビル→レキシントン→シンシナティ→トリード→ランシング。
ボスとイタリアから来た共同研究者の方、僕の三人で運転しました。
僕はシンシナティからトリードを過ぎたあたりまで運転を担当しました。

small-2014-09-15-19-58-53.jpg
@ダッジ

積算マイルの少ない車で新車に近かったです。
乗り慣れた自分の車のほうがいろいろ体が馴染んでいたけれど。
天気は最悪で、雨の中の高速を飛ばしていきました。
昼食、夕食を食べてイーストランシングに到着したのは23時すぎ。
ボスと二人で部屋をシェアしてすぐに眠りました。
なにげに高速を運転した最長距離を更新した日でした。


9月16日。火曜日。

8時に起床。朝食を食べてラボに到着しました。
午前は回路系の準備をしていました。
昼食を食べてコーヒーを飲んでいると、
6月に来たときにお会いした人たちが到着。
夕食は寿司を食べてきました。
ここ最近は居室にいて、もちろん英語での会話もするんだけど
今日は共同研究者の人たちと起床している間
ずっと話しっぱなしだったせいか、なんだか疲れました。

9月17日。水曜日。

午前7時に起床。
ボスが帰るので今日からホテルを一人部屋に切り替えです。
ラボに到着してからはパルサーを直そうとしてました。
インナーチューブがなくて回転しなくなってただけだった。
検出器として使ってるCCDの装置とそのデータ取得系周りを教えてもらいました。
GUIでプログラムを組んでくの凄いな。
21時前にホテルに再チェックイン。
夕方にボスが帰ってうちのグループからの参加者が僕だけになった。
けっこうアウェー感ある(交わされる言語が英語でなくなることもしばしば・・・)


9月18日。木曜日。

9時半に起床。10時半に到着。
うちの研究室のOBと二人で昼食をしてきました。
彼は僕とほとんど同じタイミングで学位をとってこちらに仕事を得たようだ。
日本のこともなんかけっこう詳しくて、たこ焼き器を持ってたり
日本の映画に詳しかったりしました。
たこ焼き器は日本のものを買ったらしいのだけれど、
アメリカの電圧は少しだけ高いので、焼きあがるのが早いんだそうだ。
17時にホテルに帰宅。またラボにいって数時間滞在しなければならない。
少し寝てシャワーを浴びてラボへ。

small-2014-09-18-20-34-08.jpg
@暗い

夜の工事現場を経て実験室へ。

small-2014-09-18-20-58-31.jpg


5年後くらいに完成するようなので、どんな風になるのか楽しみです。


9月19日。金曜日。

0時にホテルに帰宅。車を使うことができるようになったので
ホテルまで運転。ミシガンターンを初めて経験しました。
(ミシガンは左折するときに直接左折ができないところが多いのだ)
睡眠して7時に起床。生活リズムがけっこうやばい。
12時ごろに定常になって、落ち着けました。
ロシアから共同研究者が来て、チョコレートを貰いました。

small-2014-09-19-12-36-16.jpg


実験のほうもうまくいっていて、みんなごきげんでした。
15時には計数室で一人になって仕事してました。
16時半にマックで食事をしてホテルに帰宅。
24時からまたシフトなのだけれど、そうそう器用に寝れるわけもなく
ベッドに横になっているだけでした。23時に起床。

9月20日。土曜日。

0時に研究室に到着。
ラボに来るときに徒歩で来たら大学生らしき女の子たちが
複数人のグループで歩いていました。
大学の街で治安も非常に良いので可能な光景だよなあ。
シフトの引き継ぎを終えてシフト業務開始。
非常に安定していて快適に過ごすことができました。
人が少ないのか、けっこうガッツリとシフトに組み込まれていて、
8時間シフト→8時間休憩→8時間シフトとなっていました。oh...
8時にシフトを終えイタリア人の共同研究者の方に車で送ってもらいました。
今日はミシガンのフットボールチーム(スパルタン)のゲームの初日らしく、
夕方からは車で入れなくなるとのこと。たしかにテントなどの設営が始まっていました。


14時半に起床。16時にラボに再度到着。
実験は非常に安定していました。
ロシアのドゥブナから来た人と話していると、
プーチンのことを国民がどう思っているかとか、
カリーニングラードで会議があるんだよとか教えてもらいました。
僕よりも英語で話すことを苦手としているようで、
英語が得意でないのは日本人に限らないのだなあと思いました。
25時にホテルに帰宅。


9月21日。日曜日。

9時すぎに帰宅。
シフトはないのだけれど、ホテルをチェックアウトして
学生と相部屋になるため部屋を出ました。

外の雲行きがあやしい。

small-2014-09-21-10-14-07.jpg


8時間シフト→8時間休憩→8時間シフトのあとでシフトもなかったので、
しばらくスタバで過ごしていました。

small-2014-09-21-10-27-25.jpg


スタバでMac開いたのは初めてかもしれないドヤア
昼過ぎにラボに到着。

small-2014-09-21-12-51-03.jpg


夕方からはうちの学生が空港に到着するので、
車を使って空港まで迎えにいきました。


small-2014-09-21-14-44-37.jpg


ミシガンは思ったより一本通行が多く、
ダウンタウンを抜けると道の舗装もけっこうやばい。
運転する側にとってはけっこうめんどくさかったのですが、
無事空港に到着することができました。
空港の待合室で学生を待っていると、フライトが1時間遅れているとの情報。

small-2014-09-21-14-46-24.jpg


ミシガンにいるひとたちにとってはよくあることなのだそうですが、
デトロイト→イーストランシング間はけっこう遅れることがあるらしい。
出発する前に共同研究者の人に教えられて、
いちおうOn timeになっていることを空港のサイトで確認してから出たのですが、
その間に遅れがあったようで。
日曜なので店もまったく空いていなくて、iPhoneをいじって待ってました。


学生の荷物をホテルに置き、同じ部屋に僕もチェックイン。
夕方は共同研究者の人たちと寿司屋にいってきました。
みんな寿司がけっこう好きなのだなあ。
実験責任者ととなりの席に座っていたら、村上春樹を知っているかと聞かれました。
どうやら村上春樹の翻訳を行った知り合いがいるらしい。
村上春樹はひと通り読んだのでそのことを伝えると喜んでいました。
ただ、日本語でもそうなのだけれど、
英語で村上春樹の良さを伝えるのって難しすぎる。
そして寿司ネタも英語でいうの難しい。
Tuna(マグロ)やうなぎ(eel)はギリギリ知っていたけれど
サバ(mackerel)、ニシン(herring)とかは勉強になりました(自分で調べて)


| 日々の出来事。 | 21:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://seaborgium.blog54.fc2.com/tb.php/1892-f510cf98

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT