シーボの日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

同時多発テロから15年と犠牲祭。(2016.9.9-11)


9月9日。金曜日。

4時間くらいで起床。10時に研究室へ。装置について考え事していたらひとつアイディアが浮かんだので試すことに。作業していたら同僚から what do you say? とか聞いてきて「何について?」とマジレスしたんだけどどうやらHow are you doing と同義で使われることもあるらしい。ふむ。




昼食はスタジアム近くのサンドイッチ屋で8人くらい。同僚が「全ての英語の名詞は原理的に動詞に転用できる」という嘘か誠かわからないようなことを主張していました。確かにそういう事例ってけっこうあるような気がします。friendは一義的には名詞として習う英単語ですが動詞verbとしても使えますし、Facebookではunfriendなんていうボタンもあったりします。ship, name, hand など挙げればキリがないほど出てくるので同僚が行っていることは割と本当なのかもしれません。

調べてみると面白い例がありました。waterは動詞としてはヨダレを垂らすという意味があるらしく、

The kid's mouth watered for chocolate.

などの使い方がある模様。すごいな。

午後。仕事をしていたら朝に出したアイディアがうまく行きそうなことがわかってきました。17時に帰宅。20時くらいに長時間の測定をしていたものを自宅からサーバーにログインして停止させました。便利。

9月10日。土曜日。


9時半に起床。ランダンも終了を迎えそう。自分でデータを取得して解釈するのが好きなんだなと思う。夕方に3 kmジョギング。ペースをあげようとしたらペースがガタ落ちでダメダメでした。食事はサンドイッチなど。


9月11日。日曜日。


今日でアメリカ同時多発テロから15年が経過したようです。ソレに伴ってかアメリカ大使館からメールが来ました。9月12日から15日はイスラム教での犠牲祭にあたるらしく、テロに警戒せよとのこと。

犠牲祭の起源は古く旧約聖書に起源をもつそう。アブラハムとサラという信仰熱心な老夫婦がイサクという子を授かったのですが、アブラハムは神からの試練としてイサクの命を犠牲に捧げるよう言われたそうです。アブラハムがイサクを殺そうとしたところ天使から子羊を犠牲にしなさいと助言され事なきをえた、とのこと(長い)

まあとにかく断食明けと犠牲祭はイスラム世界での二つの大きな祭だそうです。僕自身にとっては何の変哲もない1日でランダンの集計をしたりしていて24時間食事を取ってなかったりしてただけ。断食かよ。

| 日々の出来事。 | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://seaborgium.blog54.fc2.com/tb.php/2172-34a09b0a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT