FC2ブログ

シーボの日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

人生初のインフルエンザ。(2017.11.4-11)

11月4日。土曜日。

実験シフトのため7時前に外出。よく眠れたけれど彼女氏が39度を超える熱を出していて魘されているのか時折僕も起きてしまいました。8時前に研究室到着。実験シフト、僕が地下にきた途端にアラームシステムが鳴り始めるようになるのマジでやめてくれー。




アラーム、4~5分おきに鳴りはじめてそのたびにスイッチを切らなきゃいけなくて仕事になりません(そして具合の悪いことに音のスイッチを切っても実行的に何かが解決するわけではない)。抜本的に何か対策したい。アラームの音も軽やかなピアノっぽい音なのでBGMにジャズピアノを聴こうものなら聞き間違えをしてしまいそうです。シフト中は解析してみようといろいろやってました。解析コードの中にある生成ディレクトリを指定する数字、なぜか特定の番号のときだけ動いていて謎が深い。昼食は地上でお弁当を食べました。昼過ぎになって鳴り続くアラームに対して室長自ら来て対応してもらいました。週末なのにすみません。17時くらいに研究室をあとに。

彼女が高熱を出していて、その遠因に夜中に寒かったなどがあるらしく毛布を買って帰宅しました。

small-2017-11-04-17-47-46.jpg 

思えば僕自身は生まれてからこれまで30年近く38度以上の熱を出したことがない健康体なので身近な人が40度の熱を出してるとすごく心配になります。

11月5日。日曜日。

日曜日ですが本日も実験シフト。お風呂も入らず、歯も磨かず寝落ちしていたみたい。通勤のために電車に乗っていると同じ車両に乗った金髪の男性が嘔吐しながら電車の中に入ってきたので即座に逃げました。少し距離を置いてみてると座席のシートも汚れたりしているみたいでした。うう・・・。

そんな気分を一掃するかのように快晴。

small-2017-11-05-07-19-10.jpg 

朝日に銀杏がよく映えます。10月が忙しすぎて紅葉を見に行く時間すらなかったので出勤中に見られるだけでも今年の秋を楽しんだという免罪符が得られたような気がします(少しだけ)昼食はレトルトのカレーをお弁当箱に入れて済ませました。シフト中はちょっと図を綺麗にできるんじゃないかと思って校正曲線だして遊んでたりしました。帰宅したあとは9kmを走ってきました。1kmあたり5分16秒。不思議と序盤に肺と心臓に負荷がかかってた気がするけど蓋を開けてみればそこそこ良いペースで走れたんじゃないかな。

11月6日。月曜日。

12時前に起きてご飯を食べました。24時からの夜シフトなので今日は長めに休めそうです。彼女氏は気管支炎だったらしいのですが、その気管支炎が僕に感染した疑惑があって体温は少し微熱気味。

small-2017-11-06-20-56-46.jpg 

まあ大丈夫だろうと思って23時前に家を出て夜シフトへ。

11月7日。火曜日。

シフトの引き継ぎをしたり雑談をしていたら30分くらいかかってしまいました。喉が痛いのでサクっと代わりたかったのですがそうもいかなかった。風邪気味だったので書物の直しでもやるかと思っていたら1時間くらいで終わってしまったのでコードをいじったり。次のシフトの方が9時20分ごろに来てくれるそうなのでそれまで待ち(通常は8時)。咳は出るものの熱のつらさはあまりなし。朝方に家に帰って16時くらいまで眠りました。

11月8日。水曜日。

お昼頃になって体温が上がり始めました。なんと39.6度。なんでだよ。

small-2017-11-08-12-31-35.jpg 

昨日からずっと横になって寝ていたのですが意外と体温が下がりません。ちなみに高熱で魘されているときに「自業自得だからね」と言われたのたぶん一生忘れない(たぶん毛布を買ってくるのを渋ったことで彼女が風邪をひいたのを恨みを持たれている)。実験は無事終わって打ち上げパーティがあるなら本日かなあと思っていたのですが、明日に延期してくれたらしい。まあ夜シフトあけで疲れている人もいるだろうからいいのかな。

11月9日。木曜日。

相変わらず熱が下がらず39.5度。お風呂出て着替えていたら咳がでてしまって危うくギックリ腰になるところでした。人生初救急車呼ぶかと思った。これではいけない、さすがに何かがおかしいと思い最寄りの病院へ。体温を測ってみたら40度近く。死ぬ。

small-2017-11-09-15-31-15.jpg 

なんか先程の咳で腰を痛めたことや高熱で関節の節々も痛く、周りの患者も不健康そうな人も多くて待合室は地獄でした。

診断の結果はなんとインフルエンザ。

small-2017-11-09-15-55-34.jpg 

さすがにこうやって病名を突きつけられると今日開催予定の実験打ち上げの飲み会にも参加できないことが明らかになってしまって、幹事の後輩と共同研究者数名にインフルエンザになったとのメールをしました。飲み会に行ってたら共同研究者全員を巻き込むバイオテロになってたわ(午前までは飲み会にいくつもりだった)

イナビルという吸引する薬を薬局で処方してもらいました。これでインフルエンザの菌の多くは明日にでも死滅し、体温も下がってくるらしい。ほんまかいな。病名がハッキリするとやるべきことも明確になってきます。とりあえず同居する彼女さんへの二次感染があってはならないと思いゴミ箱を洗って使った食器なども全て食洗機にぶちこみました。

11月10日。金曜日。

11時。イナビルが聞いたのか体温が36.7度まで下がりました。

small-2017-11-10-11-13-53.jpg 

医者の方から「高熱が消えてもウイルス自体は一週間くらい残存する、週末は最低でも外出禁止」と言われたので家で安静にすることに。体調はもうかなりよき。はじめの一歩の漫画を読みながら療養してました。

11月11日。土曜日。

熱は完全に消えたのですがまだ咳は出ます。次の実験は源の交換作業が入るらしく、始まるのが少し遅くシフトするそう。夜になって食欲も戻ってきたので池袋のサイゴン・レストランに行ってきました。

small-2017-11-11-21-23-04.jpg 

美味しかったです。あとは加湿器と
クリスマスツリーも買ってきました。

small-2017-11-11-23-32-17.jpg 

アメリカで生活してたときにも小さめのツリーを用意していたのでそれがまた日本の生活でも再現できて彼女氏も喜んでいました。

明日から仕事に復帰できそうです。人生はじめてのインフルエンザ、40度くらいの熱が出ても思った以上に元気ではあったのですが、それでもこれまでずっと健康体だと思っていた自分も(ちゃんと)病気になるんだと思い知らされました。10月に忙しく精神的も肉体的にもタフな生活で、実験で生活リズムも狂わされたなどいろんな要因が重なったこともありますが、ちゃんと日々の健康を大切に生活していかなきゃなあと思い知らされた一週間でもありました。


| 日々の出来事。 | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://seaborgium.blog54.fc2.com/tb.php/2340-64212291

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT