FC2ブログ

シーボの日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

感謝コンパの功罪。


・・・・・・










・・・・・・・・







・・・・・・・・・・・














(´-`).。oO(ここはどこだ・・








わた「病院だよ」









病院????








頭の重い僕は最後に残った記憶をたどることにした。
そうだ・・・6月16日だ・・・














6月16日。金曜日。






1時間目。数理科学2。



今日は微分方程式。
朝ご飯を抜いてきたので、集中力がない(´・ω・`)




その後は渋谷へ。
吉野家へいってからコンタクトを買いにいくも、
診察時間外だったので買えず(´・ω・`)





そんなこんなで家に甘と帰り、
ゲームをやってました。





3時間目。ドイツ語。

今日は新しい文章に入りました。
なんか、ドイツのサッカー事情だそうで。




4時間目。無機化学。



無機ー。

甘ちゃんがゲームをやりたいとかいっていたので、
授業を途中で抜け出して家に帰ってゲーム。






で、その後はオリター感謝コンパ。



オリ感とは、下の学年の子たちが
上のお世話になった(?)学年の人にコンパを開催するというものです。
オリ長なので僕も招待されるわけで、
本当に感謝されているのかは知りませんが、
とにかく今日はコンパなのです。





そんなこんなで18時30分、マークシティ下。





ひさびさの下クラだお( ^ω^)






そんなこんなでコンパ場所はバー・ジャック

barjack






(´-`).。oO(ん・・・


(´-`).。oO(バージャック?


あ、あれだ、
バージャックって一回いったことあるww

そんなこんなで因縁の場所w


いざコンパ。




店員「カクテルは自分でつくってください」
(←これが後の最大の過ちであった


とりあえず最初はオリター同士で話をしてました。
甘ちゃんにつくってもらったカクテルは
リキュールが2倍でしたけどね!

そんなこんなでコンパも進み(?)
そろそろ下クラに絡まなきゃと思い下クラの席に。


カクテルは下クラが作ってくれて、
心地よくイッキしてました。



コンパの詳細をちょっと思い出すと、
甘ちゃんにリキュール2倍のカクテルを
飲ませられたことは覚えている。
まぁ、それくらいはわかってたし、
僕のお酒の強さがわかってる彼ならではの挨拶と解釈した。
実際これくらいじゃ意識は飛びません。





その後、下クラに絡もうと思って席を移動し、
下クラがリキュール100%のカクテルを
造ってきたことも覚えてます。



度数でいえば最大が40で、
少し「いいちこ」とかのアルコール(25%)で
薄められてるような味。
実際35%くらいでしょうか。


それを景気づけに1杯イッキしたことも覚えてる。
実際この量でも少し酔いが回るくらい。


その後甘ちゃんと下クラの女の子2人を相手に、



「18組は恋愛とかないの~??」




とかいうオッサンくさい絡みをしていたことも
まだ覚えてる。




「意識飛ぶから・・・」




とあくまで冗談っぽくいってたのも覚えてる。
実際、意識のレベルはまだ覚醒してた。




そのあと、もう一回リキュールで
40%程度のアルコールを2、3杯イッキしてた。
下クラの手前、カッコつけたかったんです。




でも・・・・



そこから記憶がない・・・・




気づけば病院のベッドに寝かされてる。
時間は朝の6時くらいだったろうか。


甘ちゃんとこっしーとわたが僕の前にいた。
3人とも寝てないらしい。




意識を取り戻した当初は頭がすごく重くて、
あまり頭が回りませんでした。
記憶もありませんでした。



でも、確実に多くの人に迷惑をかけていることはわかったから、
まずはミクシイに謝罪の文章を瀕死の状況だけど書きました。





そのあと、詳細を聞きました。
合ってるかはわかりませんが、
僕の覚えてる限りで書いてみます。
月曜日にみんなに聞くと思います。



どうやら、下クラの子たちの席からいったん離れたようです。
んで、なぜかトイレに駆け込んで、戻ってこなかったとか。
上クラの席とかにも行ったらしくて、
椅子から落ちたりしたらしいです。
いろいろ聞き出されてしまったらしいです。
もしかしたら自分が自慢したくて、
自分から言い出したのかもしれません。



いままで秘密にしてたわけではないんだけど、
話さなかったことまで話してしまったようです。
僕には彼女がいます。
のろけ日記は不快を抱く方もいると思ったので
いままで書きませんでした。
そのことをいろいろしゃべってしまったようです。





で、その後いったんこっしーとかは
僕を家までつれて行こうとしたみたいですが、
意識がなくなっていたので
タクシーで代々木八幡の病院まで送ってくれたようです。

タクシーの中で、何度も僕の頬を叩いたそうなんですが、
ぜんぜん意識が戻らなかったとか。


病院についたとき、
体温は35℃。
ほんとに冷たかったらしいです。






そして、病院で目覚めました。



ちょっと汚いことがいくらかあるので、
書きませんが、相当ひどい状況でした。
もう、本当に命を落とす寸前のようです。
全身の筋肉が弛緩していたようです。
あとは、どんな状況になってるか推測してください。





その後、お医者さんが来て、


「君より疲れてる人がいるんだよ」



叱られました。。
ごめん、介抱してくれた人。



「君に飲ませたやつ連れてきなさい、殺人になるんだから」



そう言われて、怖かった。
これは責任転嫁とかではないんだけど、
飲ませた周りも悪くはあるんですよ。
飲んだのは僕ですけど。



いや、でもさすがに1年生は
40%レベルのアルコールでも手加減なく混ぜちゃったようです。


僕は僕で自分に自信があった。
なんだかんだいって俺って酒に強かったから。
どれだけ飲んでもつぶれない自負があった。
チューハイでおなかを満たしても酔いはひどくない。
むしろ、胃袋の限界で吐きたくなるだけ。





そんなこれまでの根拠のない自信が、
僕をとめることができなかったようです。





そんなこんなで本当に死ぬ寸前でした。




周りに迷惑をかけたと思います。
本当にごめんなさい。
当分お酒はいいです。
助けてくれた人、
本当にありがとうございました。





いますごい反省してます。
ごめんなさい。




東大生ブログランキング

| オリ長物語。 | 07:19 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おっさんくさい絡みしたのシボさんじゃなかったっけ?まぁとにかく、今回はお疲れさまでした(´・ω・`)

| 甘 | 2006/06/18 09:12 | URL |

生きてて良かったです!!!!!!!

| みさ | 2006/06/18 21:50 | URL |

シーボさん彼女いたんですか!いけず~

週1くらいで惚気話キボンw他人の幸せは見てて楽しいんでおkですw

| 川 | 2006/06/19 00:17 | URL | ≫ EDIT

>甘
いや、俺だよ>おっさんくさいからみ

>みささん
ありがとうございます。。。(´・ω・`)

>川さん
それはちょっと・・・

| シーボ | 2006/06/19 12:53 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://seaborgium.blog54.fc2.com/tb.php/241-61a05f38

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT