FC2ブログ

シーボの日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

バトルしようぜ。





10月29日。



さて、もう十月も終わりに近づいてきましたね。
もうすっかり秋が終わりを告げ、
北風コンニチハなんて感じです。




さて、ここんとこ冒頭は日記の時空が飛び飛びですが、
それは某ハルヒの小説の影響もあるのかもしれません。


とりあえず今日の日記は
3週間ほど前に遡ることとしましょう。





三週間前。、
ちょうど免許合宿が終わった僕は、




 ポ ケ モ ン 探 し に 奔 走 







その日から、いわば運命的なほどに
このバトルの火蓋が切られる運びとなりました。






実はポケモンを買ったのは僕だけでなく、
サークルで一緒だった
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!! 先輩も購入していたのだ。

(免許合宿中にポケモンやってる先輩がどれだけ羨ましかったか)





そういうこともあって、
合宿終了後にポケモンを買った僕は
先輩に挑戦状を送ることとなります。




そしてこれまでの流れを説明しましょう。




○ポケモン購入3、4日目。


おそらくこのくらいにシナリオをクリア。





○ポケモン購入7日後。




表向きには免許合宿のために実家に帰省。


しかし、本当の目的は免許ではない。




(=゚ω゚)ノポケモンだーーー!!





そう、帰省して一番初めにしたこと、
それは部屋の整理でもなく、親との交流でもない。


高校生時代に、同級生にあきれられながらも購入した



ポケットモンスター・サファイア
SAFAIA




のカートリッジを探し出すこと。




注:最新作のダイヤ・パールは
サファイアからポケモンを送ることができる。





無事ポケモンを発見したシーボ。





つけてみる。




ピー・・・






主人公:ケイ

冒険をはじめますか?








主人公の名前が違うΣ(゜Д゜ノ)ノ





どうやら弟によってセーブデータが消されていた模様(´・ω・`)
別にやりこんでいたわけでもないので怒りもなかったし、
弟が育てたポケモンも意外と使えたので問題ナシだったんだが。




*ちなみに弟の本名はケイではない。



そしてポケモンを最新作のほうに転送。


あの伝説のポケモン


カイオーガ
KAIOGA




もこのとき僕のポケモンとなった。




もちろん、カイオーガなんてポケモンは
メチャクチャ強いポケモンでして、
(旧作のミュウツーを想定していただければ想像に難くない)




これを対戦前に先輩に知られたくないから
これまでの日記では記述できなかったのはいうまでもない。
この計画は極めて隠密に行われる必要があった。



そしていくらかサファイアから
用心棒ポケモンをダイヤのほうに。



水を得た魚ならぬポケモン得たシーボは、
持ち前の暇人っぷりで



この一週間、


アチャモ(lv6)を
バシャーモ(100lv)まで上げ、
カイオーガも100lvまで上げた。





昨日の夜なんか、
夜11時から朝4時までポケモンやりっぱなしで、


バシャーモを100レベルまで上げた瞬間、



「ママ、僕・・・やったよ・・・」



と思った瞬間に眠りに落ちました。割とマジで。






そしていくらか先輩との対戦用にポケモンを育て上げ、
いざ決戦日。





キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!! 先輩は14時くらいにシボ邸に到着。
だいごーさんもポケモンを買ったというので、
まずはだいごーさんと勝負することに。








ディアルガの50レベルに100レベルが殺されたのは驚いたが、
だいごーさんはまだやりこんでいなくて、
MAXレベルが70程度だったのでまず勝てた。
もちろん、奥の手、カイオーガ先生を出す必要はなかった。
タッグバトルでもう一戦したけど、これも勝てた。
ムクホークとドダイトスのコンビがうまく連携できた。








僕のパーティは



サンダース(lv70)
ギラティナ(lv70)
ヒードラン(lv70)
ドダイトス(lv100)
バシャーモ(lv100)
カイオーガ(lv100)





です。



(´-`).。oO(上の3匹、即席だなー・・・




さて、そろそろポケモン知らない人には意味不明すぎて、
読むのが苦痛になってきたでしょうが、

もう少し続けますよ。





そんなこんなでキタ先輩と戦闘開始!!!






・・・





・・・





(´-`).。oO(やばい・・・





(´-`).。oO(まけそうだ・・・






そしてシボはボタン操作を誤り、
「にげる」のコマンドへ。








あれ・・・






試合終わっちゃったキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!




             /ヽ       /ヽ
            /  ヽ      /  ヽ
  ______ /     ヽ__/     ヽ
  | ____ /           :::::::::::::::\
  | |       //       \  :::::::::::::::|
  | |       |  ●      ●    ::::::::::::::|    ごめんよ・・・
  | |      .|             :::::::::::::|   
  | |       |   (__人__丿  .....:::::::::::::::::::/  
  | |____ ヽ      .....:::::::::::::::::::::::< 
  └___/ ̄ ̄       :::::::::::::::::::::::::|
  |\    |            :::::::::::::::::::::::|
  \ \  \___       ::::::::::::::::::::::::|







どうみても負けそうになった僕が
わざとボタン入力して消してしまったと
捕らえられます本当に(ry







必死で弁明し、再戦へ。





序盤はなるべく多くの相手モンスターを
サンダースの「でんじは」でマヒさせることが必要だったので
(lv70ではそれくらいの働きしか期待できない)
とりあえずマヒさせたり。





中盤の山場は




デオキシス VS ドダイトス



DEOKISISU

@デオキシス

ドダイトス

@ドダイトス



デオキシスって防御が全くダメなんですが、
攻撃が破天荒に強くて、
キタさんの攻撃で僕のドダイトスは死ぬかと思われた瞬間。



 体 力 が 1 残 っ た ! !



(もちろん気合のハチマキの確率に救われたんですが)




そしてドダイトスの地震。攻撃。
デオキシス中佐、あぼーん。



デオキシスにドダイトスが勝ってしまうという事態が起こって、
ちょっとシーボが有利になった。






そして、拮抗していた勝負は山場へ。





ミュウツー vs カイオーガ

みゅうつー

@ミュウツー

KAIOGA

@カイオーガ


どちらも伝説のポケモンで、
お互いレベルは100。
おそらく最強VS最強の闘いです。





僕の場合、
カイオーガが倒されるとなし崩し的に全滅させられるでしょう。

先輩の場合も、
ミュウツーを倒されると負けが確定になります。





ミュウツーのサイコキネシスで
カイオーガのHPが3分の1くらい削られ、
カイオーガのしおふきでミュウツーのHPを2分の1強削った。







(´-`).。oO(勝てるんじゃね?






と思った瞬間、




ミュウツーが体力回復しやがった(´・ω・`)





その後



カイオーガの攻撃→ミュウツー回復
→カイオーガ攻撃→ミュウツー回復




が延々と続き、


カイオーガのしかかりでマヒになって、




ミュウツーを撃破!




力をなくした先輩のチームを全滅に追いやりました。








その後は先輩たちと交換したり対戦したり。
(キタ先輩と再戦したらボコにされたのはいうまでもない)


あ、キタ先輩から希少価値のあるポケモン、セレビィを頂いた。
ありがとうございまふ。







さて、とてつもなく冗長でポケモンわからないと
意味がわからない排他的なネタに相成りました。



でもね、ポケモンって子供向けだと思うでしょ?



これね、大人がやりだすと本当にヤバイですよ。


純粋に育成を楽しむだけじゃなくて、
カートリッジに入力された数値とかから理論値を出し、
実行するようになるんです。




こだわればこだわるほど育成する時間は長くなるわけで、


普通に(子供がやってて)1体100レベルにする時間を20時間だとすると、




理論値にこだわったポケモンを育成するなら



○構想(努力値配分・メンバーとの相性・弱点補正)→5時間
○捕獲(個体値・性格・わざ遺伝)に気を配る→20時間
○育成時間(努力値・実育成時間)→20時間
○わざましん調整(確保ふくむ)→10時間






本当におおざっぱですが、


大体一匹のポケモンを育てるのに

50時間は必要になるでしょう。






そこまでやりきる熱意が僕に
あるのかはさておいて(たぶんやるだろうけど)
どれだけポケモンがアツイものかわかっていただけたでしょうか。







今作はインターネットも利用できて、
福岡だとか長野だとか顔の知らない人とも
対戦できるようになっているので、
相当やりこみ人口も多くなると思います。





そんなわけで





バトルしようぜ!!!!
(最後までわけわからないネタでごめんなさいね・・・ほんと)



┌──────────┐           ∧_∧
│キター ♂  Lv100    │          (´∀` )
│ Θ     (━━━━━)│          (    )
└──────────┘          | | |
                            (_(__)





      ∧ ∧            ┌──────────┐
      (,,   ゚)                │シーボ  ♂   Lv99 .  │
      /  |               │     ...(━━━━━)│
      (,,_/             ∠exp[           ━━━]|
     /    ..            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

┌──────────┬──────────┐
│シーボはどうする?   ..│ たたかう   バック......│
│              ..│              ..│
│              ..│ ポケモン    にげる .|
└──────────┴──────────┘




東大生ブログランキング







| 日々の出来事。 | 02:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

小6のころヒトデマンLv5を60匹ほど捕まえて、結構強いスターミーLv30を作ったよ。
レベル100同士の戦いより、レベル30同士の戦いのほうが楽しかったあの頃。

| あま | 2006/10/30 11:05 | URL |

>あま
レベル30なんてガキの遊びだっ!!!!!!!!!
断じて認めんっ!!!!!
(てか小6か)

| シーボ | 2006/11/01 00:02 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://seaborgium.blog54.fc2.com/tb.php/371-378f1c98

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT