FC2ブログ

シーボの日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

懐古主義的妄想論。





今日は午前・午後はだらだらしながら
明日の基礎実験の予習をしてました。



ソルバトクロミズムってなんやねん(´・ω・`)
(2・4ペンタンジオナト)[トリオキソニトラト(1-)](NNNNテトラメチル-1、2-エタンジアミン)ニッケル(Ⅱ)って何やねん。




そんな文句をいってるヒマもないので予習予習。
物質名なげーんだよIl||li _| ̄|○ il||li







その後は個別指導です。
すき屋で夕飯を食って三軒茶屋へ。




今日は2コマ。



出勤したとき、同い年の女性に、




(^Д^)シーボ先生、昨日カラオケいきませんでした?





(´-`).。oO( ん・・・




(´-`).。oO( もしかしてシーボのために今日カラオケでみんなと打ち解けさせてくれるんですか




(´-`).。oO( いや、それはないな




(´-`).。oO(んー、正直に答えようか





シーボ「ええ、まぁ・・・」




(^Д^)歌広ですよね?





(^Д^)あまり面識がないので声も掛けづらくて・・・







目撃されてるキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!






結論。意外と世界は狭いものですne。




授業開始。


先日担当した中2の男の子に


「はじめましてーシーボです♪」



と、冗談抜きでいってしまったのは失態でした。




そのあとは高2の女の子を担当しました。
ベクトルと線形計画法。
この子は医大志望でなので、
理解度が高くてかなりやりやすかったです。




先輩から言われたんですが、この子は講師をまだ指名していなくて、
(ウチの塾は講師指名制なのだ)
医大に受かるレベルまでシーボが
担当してくれるといいなあとのことです。


彼女と雑談しながら、見送りをしていると、
なんだか自分の高校生時代を思い出して少し感慨深かったなぁ(´・ω・`)




いや、勉強メインの高校生活だったので
特に思い出があるわけではないんですが、



ありきたりな思い出でも、他の人からみたら普通の思い出でも、
僕にとっては大切な思い出なんです。



うん、なんていうか、
僕が時折思うことなんだけど、
東大なんて狙わなければもっと部活動とか、女の子と付き合ったり、
映画とか見たり、テレビとかで馬鹿笑いしたり、
高校3年の夏は勉強のために引き篭もる必要もなかったんじゃないかとか、
文化祭の出し物にももっと参加できたんじゃないかとか、
放課後ずっと学校で友達と語り合ったり、音楽を聴いたり、カラオケにいったり、
お酒を飲んだり、もしかしたらタバコに手をだしたり、バイトしたり、
知りすぎて、無知の怖さを知る必要がなかったんじゃないかとか、
全能へのエゴなんてなくなるんじゃないかとか、
もっと気楽に生きていられるのかとか、
いろいろ思うんです。



確かに東大に来て、社会からの評価は格段に上がって、
自分のクオリティも高まってる。



けど、高校生っていう時間はもう僕には取り戻すことができない。



いつか同じクラスだったあの子もきっと、
他の大学で誰か僕のしらない男と付き合ってたりするんだろう。
浪人したあの女の子はまだ勉強をしてるのかな、恋愛してるのかな?
医学部に合格した彼は・・・カッコよかった彼は・・・アイツはどうしてる?





一人暮らしの部屋のなかでボンヤリ天井を見ながら考えていると、
突然胸が痛くなったり、懐かしい気持ちで一杯になったり。





大学に入って視界は広くなった。




街を抜ければ、居酒屋の値段と雰囲気をチェックする。
服屋を見つければとりあえず入ってみる。
通りすがる人のファッションを記憶してみる。
ミスチルの詩を何度も読み返してみる。
吉野家で牛丼なんて食べたことなかったよな・・・。
コンタクトレンズ?メガネはどうした?
茶髪?黒髪?
自炊?コンビニ弁当?
テニサー?帰宅部?
合気道?陸上部?
いままで参考書の棚しか見なかったなぁ。
銀行振り込み・・・電気代?







いろんな思いが心の中を交錯して、
粘性の高いうねりを作り出す。
喉に詰まってはむせ返し、
それでもその飴に似た甘みは常習性を誘う。
ペアリングは指をしめつけて、風見鶏はまた反対の方向を向く。
スクランブル交差点で老婆はお金を落とし、匿名の波に埋没した。
死人からのラブレターは秋の夕空。
星は都会でも見えるものだ。





僕の好きな歌、ミスターチルドレンに、こんなくだりがある。






何かつまづいたときは空に手をかざしてみよう 
  この風はきっとどこかで君とつながってるから




| 日々の出来事。 | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://seaborgium.blog54.fc2.com/tb.php/399-40962f4a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT