シーボの日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

忘れられた日常。



  ∧,,∧
 (;`・ω・)  。・゚・⌒) ちょっと忙しいyo!
 /   o━ヽニニフ))
 しー-J




1時間目。数学Ⅲ。


今日は重積分の計算例などをやりました。


∬e^(-x)^2dx=√π であることを示す方法です。
あ、Xの積分範囲は-∞から∞です。
数式って非常に書きづらい


注・・・^は~乗を意味します。



どうやらこれは統計学的にものすごく重要な関数らしい。


(´-`).。oO( そういや、「単位が取れる微積ノート」って参考書で一回やったなぁ



そう思いながら勉強してました。






2時間目。認知神経科学。



(´-`).。oO( どんな授業をやるんだろう?



そう思って教官の説明を受けていた。



「知の蓄積と伝達」のテーマで、

日記・・・自分がわかればよい、他者の不在。
作文・・・感じたことがベース
レポート・・・主張、説明、根拠、論理
論文・・・知の蓄積にたいする確かな知見





って説明があったんです。


オンラインで日記を公開するシーボですから、
日記の項目の説明には多少違和感を感じました。



だってさ、僕は日記を公開してるわけで、
多くの受験生が僕の日記を見てるわけ。
それは「東大にはどんな授業があるんだろう?」
「なにか参考になる勉強法があるんじゃないか」
そういう意味で見てる人も少なからずいるんじゃないかと思います。
まぁ、単に楽しんでくれてるて人もいて欲しいんですが。


つまり、ここの読者の需要は「シーボだけがわかる日記」を公開するんじゃなく、
「受験生の人たちにも、シーボ(ここでは僕個人より、東大生という見方だろうが)の生活を知らせてあげなければならない」んですよ。
そういう説明義務にも似た文章を書く必要が僕にはあるわけです。
だから僕の日記には、できるだけ「東大」という単語を入れようとしてます。
「東大」と連呼されて不快感を覚える人も少なからずいることでしょう。
でも誤解してほしくないことがあります。
僕は決して「東大」であることを無為にひけらかしているわけではないと。
それを僕自身のエゴだとか、勘違いはしてほしくはないんですね。
宣伝のためだったら「東大生シーボの日記」って題名にすりゃいいんだろうけど、
僕はあえて「東大生」って頭文字をつけなかった。
それは現実生活にも通じることなんだけど、「東大生」は「東大生」であることを隠す
(典型的な東大生のイメージに合致するのを避ける)性質があるのだ。
それは僕以外にもいえること。
塾の個別指導では自己紹介のとき、在籍大学を言わなかったシーボ。
下北沢で服を買うとき、店員さんと話して、大学を聞かれたシーボ。
一瞬空白ができる。「明大生」です。そんな単語が頭をよぎる。
(明大は東大と同じ井の頭線にあって下北沢と勝手がいいのだ)
でもそれは学歴詐称じゃないか。
周りの客に聞こえない大きさで、「東京大学です」
あえて「東大」とはいわない。
「東京大学」は国立大学で、いわば、「誰でも入学できる可能性をもつ」
「東大」は日本一の大学で「イメージだけがひとりあるきする」


そんな現実とのギャップを感じながらも、
多少エゴや下心、本心、演出をつけくわえながらこの「シーボの日記」ができあがってるわけです。
あ、僕は別に義務感から日記を書いてるわけじゃないですよ。
もちろん「楽しい」から書いているわけです。



そんな思考が授業中ぐるぐる回ってました。









そのあと教室でメシをたべて、
実験の準備をしようとしたときだ。





白衣を数学の教室に忘れた!!





そんなわけで一緒にメシをくってた
はなやんと生物マニアについてきてもらう。




そして実験開始。


今日はニトロ化反応。


アセトアニリドをニトロ化するんだって。
シーボは予習不足でパートナーのはなやんの足を引っ張ってばかりでした。
ごめんなさい。次からはしっかり予習してきます(´・ω・`)




そして帰宅しようとしたときだ。


筆箱がない!!!






そんなわけで2時間目の教室に戻って確保





(´-`).。oO( うーん、なんだか忘れ物が多いなあ。






そんな感じで量子化学の教科書と、統計学の教科書を買いました。


そして帰宅。睡眠。


| 日々の出来事。 | 10:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://seaborgium.blog54.fc2.com/tb.php/417-d49842b9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT