FC2ブログ

シーボの日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ノーベル賞。



そう、あれは3メートル先の有名人だった>挨拶




意味わかんない挨拶ですが、
日記を最後まで読んでくれればわかります。





1時間目。振動・波動論。


ダンディな教官。


(^Д^)えーこの授業をうける人は
 講義時間の2倍を一週間で勉強してくださいんね




(^Д^)一週間に3時間以上勉強しないと単位を認めませんから









工工工工エエエエエエエエェェェェェェェェΣ(゜Д゜ノ)ノ









2時間目。人間・環境一般。



この授業は「水」について勉強するみたい。
出席5割・レポ5割の良い授業です



そんなわけでシーボは出席を書いたらすぐさま逃亡。



いや、断じてサボりのために逃亡したわけじゃないんですよ。





そう、






ノーベル賞を受賞した小柴教授の講義を受けるためです。
kosibasann






この授業は今日の6時間目に開講されるゼミと呼ばれる授業で、
今日は小柴教授が講義なさるんです。




大変人気が出るようなので、数理科学研究科で生で授業が開講され、
900番教室でもオンライン中継されるようなんです。
それで、ナマ小柴をみるには整理券をゲットしなければいけません。




その券の配布が12時30分にあるんですね。
そのときに学生証が必要なんです。
でもマヌケなシーボは学生証を忘れたんです。



(´-`).。oO( 2時間目が終わるのが12時10分




(´-`).。oO( 家と大学往復に15分




(´-`).。oO( 整理券が250枚しかないということは




(´-`).。oO( 2時間目を受けてたらもらえない可能性が・・・




そんなわけでシーボは2時間目を早く抜けて家に学生証をとりにいきました。
偶然遭遇したシケ長と一緒にアドミニ棟にいきました。
配布1時間前に





そしたら誰もいません。
仕方が無いので、シケ長とともに生協でメシを食いに行きました。
いろいろ話したあと、もらうことに。


ちょうどアドミニ棟にはいったときに行列ができはじめて、前から5番目くらいに並ぶことができました。




クールガイが僕の学生証がないと聞いたので代理でとりにきて並ぼうとしてくれました。
ありがとう、僕は自分の家にとって帰ったよ。
君は本当はウォームガイだよ。サンクス。






ズサーc⌒っ゚Д゚)っ 整理券ゲトー




3時間目。物理学A
電磁気。




(^Д^)ちゃんと勉強してくださいよ、じゃないと不可りますから





<周囲にざわめきが起こる>




(´-`).。oO( んー。量子電磁気学なんて分野があるんだね。






4時間目。図形科学。



今日は投影法について。
みんなはつまんないといってたけど、普通に面白かったことよ(詠嘆





五時間目。日本国憲法。





理系なのに憲法かよ!と思われそうですが、
法律の講義を受けている自分がなぜかインテリな感じがして、
自己陶酔に浸りました(キモい





いや、なんか法律を勉強するのってカッコいいね。



そしてついに6時間目。学術俯瞰授業。


小柴教授の授業です。


ここからは実況中継でお送りします。






シーボ君は同じクラスのyapと数理科学研究棟の入り口で遭遇。
一緒に入ることに。
建物がとてもきれいだ。



注:駒場キャンパスには数学科があって、数学科に進む人は本郷ではなく駒場で授業が開講される。
  1.2年生の教養学部に所属する僕らにはあまり入ることのない建物である。




どこの席に座ろうか迷うはずもなく、最前列の席に



小柴教授と東大総長が入場した。




(´-`).。oO( おおおおおお





(´-`).。oO( ノーベル賞受賞した人が僕の1メートル先を歩いてる!!!!




(´-`).。oO( 快感☆





そして総長の挨拶から始まる。
講義用のスライドの調子が悪く、小柴さんの講義用スライドがうまく表示できていない。
そのため総長は話を長引かせていた。




総長「君達はこれから失敗を恐れてはいけない。例えばヒートアイランド。
この問題に取り込むのは日本しかいないんですよ。ヨーロッパは取り組まないんですよ。暑くないから。
先日ヨーロッパで熱波が来ました。38度が3、4日続いたんです。これで1万6000人死んだんですよ。
日本の交通事故死者数が一年で8000人ですよ、だから君達はこの解決モデルを作らなければならない
こういう中継授業は始めての試みなんです。失敗だってあるんです。」




(ユーモアある弁舌で周囲は笑いの渦に)







そして小柴さんのスライドは結局表示されないまま、




小柴「時間稼いでもらって悪いけどね、
私この資料をみなくても講義はできますから」




その一言をキッカケに授業が開始された。



内容を挙げます。
わかんない内容は各自ぐぐってください。


イーレムの話、プラズマの話、ビッグバン、素粒子、反粒子、ファミリー、
スピン、グルーオン、π中間子、パウリ、ニュートリノ。



挙げればキリがないが、まだ現代科学で解決してないことをたくさん知りました。




そして小柴さんは僕の3メートル前で熱弁してくださいました。




(´-`).。oO( やっぱ最前列で真ん中の席は迫力が違うね。






そんなこんなで、「ノーベル賞」という権威を感じながらも、
身近にいそうなおじいさん、小柴教授の親しみやすさも感じました。




(´-`).。oO( シーボも小柴教授に続け!!







あ、あと、この授業ですが、全国に放送されるとかなんとか。
放送で大学の講義をやるとかなんとか。






自分用メモ。
この講義に参加していたクラスメンバーは、

マッキー、横顔さん、プリキュア君、yap、らっしー。





うーん、今日は得るものが多かった。
ノーベル賞受賞した人を物見遊山できたのに、結構講義の世界に吸い込まれてしまいました。





| 非日常的な出来事。 | 21:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://seaborgium.blog54.fc2.com/tb.php/423-c35bfb1c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT