FC2ブログ

シーボの日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

1年を振り返って。





さて、まだ12月31日の午前3時なんですが、
今日の日記に限り、何度も更新します。













さて、2005年の総括をしましょうかねぇ。



今日の一日。ドラゴン桜の再放送をだらだら寝ぼけまなこで見ながら、
前日ネトゲで疲れ果てて午後18時起床。
今年のことを思い出しながら時は過ぎる。




そうだ、こんな夢をみた。




周りは山で囲まれた村。
僕は一人で上り坂を登ったとき、下のほうにある家が見えた。
さびれた駄菓子屋さんだ。
500円を握り締めてそこの店に行った。


それほど時間はかからなかったが、遠くから見たときよりお菓子は少なく見えた。


無人の店だったが、ある老婆が右の視界に入った。

「ここは前金払ってからだよ」

僕は1000円を老婆に渡し、店の中を見て回った。
それほど広くはなかったから、すぐに見終えた。


店に入るときよりさらにお菓子は少なく見えた。


ある女性が現れた。


顔は見えなかった。
誰かもわからなかった。
あるいは、僕が「女性」と認識しているある無形の産物なのかもしれない。


僕は彼女を後ろから抱きしめた。



場面は変わって、僕は彼女と一緒に食事をしていた。
もちろん場所はその駄菓子屋だろう。
彼女の父親らしき男が僕の正面にいた。



話は彼女との婚約の話になる。
僕はそれを安易にこう答えた。


「いいですよ」


惰性と狡猾さと卑屈な自分。
その言葉は回避と恐れと安堵が混じる。




そこで夢から覚めた。




(´-`).。oO(うーん、夢占いにかけてみたい・・・。




そんなこんなで12月も最終日ですか。


今年の月間の見直し。



3月。 


「シーボの日記」を開設。
東大入試のカウントダウンを実行し、見事合格を知る。
不合格だったらこの日記はすぐに削除するつもりだったwww
胴上げされた感動と、新たな生活への希望と妄想(ぇ
新居を駒場東大前に構え、東京に生活基盤を持つようになる。



4月。


東大の授業が入学式の前にあることに違和感を感じながらも、入学式の規模すごい。
そしてオリ合宿。クラスメートとの出会い。授業が始まり出す。
毎日が新鮮で桜の美しさに心を躍らせる。
サークルなどもここで定着していく。



5月。


GWが忙しすぎ。死ぬ。
新フェスと5月祭で祭り放題。
コンタクトレンズは画期的だった。



6月。


19歳になる。クラス内にカップル発見。
エール出版の合格体験記に記載される。光開通。



7月。


夏学期試験。なかなか。
ていうか血痰とか出てそれどころじゃありませんでした。
クラス内のカップル同士で花火にいったことが羨ましいやら
自分がハブられてる感やらで鬱気味に。
髪の毛を染める。



8月。


夏休み。毎日がスケジュール埋まる。これいかに。
勉強もほどほどにいろいろ楽しんだ。
イベント長になり、何かを企画しなければ!!!



9月。


東大理系の宿命か。夏学期試験後半戦。
がんばったよ、おいら。
そして秋休みへ。同窓会館飲みは激しかった模様。
いろんなものが見れたよね>数名




10月。 


夏学期成績開示。
個別指導のバイトを始める。きついっす。
スマブラとの再開。そして堕落へ。
オリ長に就任する。



11月。



駒場祭。ミス東大にわがクラスの女の子が!
mixiの恐怖。スマブラ漬けと実験寝ブッチ未遂。
タバコは初めてだったなぁ。(すってませんよ)




12月。



ロボコンを見学。
気づくことと渦の流れを変える役割。
クリスマス。髪の毛を黒く染め直す。






さて、今年一年を振り返ってみましょうか。




まず、去年の1月。
受験生の僕は年を越す瞬間に、机の前に座って水を飲みました。
心清らかなままで、机をきれいに掃除をして。


そしてセンター試験。
センターを軽視していたのかもしれない。
「とりあえず、センターの難易度なら大丈夫だろう」って、そんな感じ。

そんなわけでセンターはあまり失敗しなかった。
英語は少しどきどきしてたけど。


そして学校で答え合わせをした。
最前列だった僕は、答え合わせをして、


英語やばい・・・と思っていたら国語で172点。助かった。
前にいるジョージ先生に「800でした」と報告し、
何とか二次試験は受けられることになった。



ほんの少しだけどセンターでのアドバンテージがあったので、
この勢いで猛烈に勉強した。
過去問をときまくり、数学はほとんど諦めていた。


なんだかんだですぐに受験はすぐだ。
慶應と早稲田の受験があって、都会の雰囲気を知る。
残り少ない高校時代を惜しみながら毎日がんばっていた。



そして試験。合格。



この間は合格体験記を参照されたし。

そんなこんなで東京にきたわけですよ。


んで、この一年間弱を東京で過ごして、
いろいろ価値観が変わりました。


なんつーか、「高校生だった自分、狭い視界だったなぁ」と。


うん、いろんな意味で僕は成長できた一年間だったと思う。

悔いはないわけではないけど、いい一年間だった。
今年お世話になった人、これからもお世話になる人。
これから新しく僕と出会う人。



来年もよろしくお願いします。



最後になりましたが、ここを見てくれている受験生、受験生予備軍のみなさん。
いったんハードルを越えてしまうと、「こんなもんか」と思ってしまうけれど、
受験は精神的に苦痛なことも多いと思います。
でも、めげないでください。




努力は報われるとは限りませんが、成功した者は必ず努力している。





有名な言い回しですが、これで今年の締めにしたいと思います。
来年はもっとカッコいい自分になるぞ!

| 日々の出来事。 | 09:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

げほげほ

| deleted | 2008/04/20 20:33 | URL |


| トマト | 2008/04/20 20:34 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://seaborgium.blog54.fc2.com/tb.php/655-8203b0f3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT